• 脳神経外科
    病気になった時に通うのが、病院です。病院は、全国各地に存在します。
  • 聴神経腫瘍
    聴神経腫瘍は、1年間で1ミリメートルから2ミリメートルほど、大きくなります。

治療の方法について

聴神経腫瘍の治療や今後の対応は、大きく3つです。

一つ目は、そのまま何もせず、進行状態の様子を見る、経過観察です。
二つ目は、放射線治療です。この放射線治療のことを、「ガンマナイフ」と呼んでいます。
三つ目は、外科的摘出です。

もしまだ腫瘍が比較的小さかった場合は、経過観察として、しばらくそのままで様子を見るケースも考えられます。
MRIを定期的に取りながら、様子を見て、医師の指示を待ちます。

もし腫瘍が3センチメートルを超えるほど、大きくなってしまった場合は、外科的摘出を、できるだけ早く行うことが求められます。
ここまで大きくなってしまった場合は、ガンマナイフによる放射線治療はできないと言われています。

そのような状態まで至ってしまった場合は、早めに脳神経外科の専門医に、早期での対応を行ってもらうと良いでしょう。
脳神経外科は、このような脳に関する腫瘍の治療や外科的な治療を、専門に行ないます。

現れる症状

聴神経腫瘍の腫瘍を診察する場合、他の疾病と考えられる他の疾病も存在します。
それは、髄膜腫という症状です。この腫瘍は、良性の腫瘍に含まれます。

もし聴神経腫瘍になった場合、様々な症状が現れます。
聴神経腫瘍の初期に現れる症状には、次のようなものです。
それは、耳鳴り、めまい、耳が聞こえないといった症状です。
耳の働きに大きく関係する聴覚神経に発生する症状のため、それらの症状が現れます。

その状態から、腫瘍が大きくなると、さらなる症状が現れる可能性があります。
人によっては、顔のしびれを訴える人もいます。また、今までのように、目的地に向かって、直進に進むことができないという人もいます。
さらに、極度の頭痛が現れたり、食べ物を飲み込みづらくなる人も、中にはいます。

聴神経腫瘍の治療は、脳神経外科に通うと良いでしょう。
脳神経外科では、専門の医師が、患者に合わせた専門の治療を行います。

脳があるから生きていける

聴神経腫瘍は、脳に腫瘍ができます。
脳の中には、様々な部位があります。
小脳や大脳、脳梁、海馬、など、どの部分もとても重要です。これらの部位が正常に働いているため、人間は日常生活を営むことができます。

脳幹という部位と小脳という部位の間に、腫瘍が発生します。
脳幹の働きは、大きく2つあります。
脳幹は、手と足と頭をつなぐ神経が通る道の役割を果たしています。
そのため、脳幹が正常に働かず、何らかの障害が発生すると、脳が手足を動かすために発生させる神経伝達物質が伝達しない恐れがあります。
そうなると、手足が麻痺して動かなくなる可能性があります。
さらに、手や足からの感覚を感じ取れなくなり、それらの情報が脳に伝わらなくなって、手や足の感覚を感じなくなってしまう恐れもあります。

また、脳幹は人間が日常生活を営む上でかかせない機能の働きに関わっています。
血圧の維持、睡眠、呼吸の調整を始め、人間が生きていくために重要な役割を担っています。

もし身体に何らかの異常を感じて、身体の感覚がいつもと違うことがあれば、できるだけ早めに脳神経外科を受診すると良いでしょう。
脳神経外科では、医師が現在の状況や、不安に感じている点について、診察を行います。
そして、診察を行い、現在の脳の状態や身体の状態を確かめます。

アーカイブ

Bookmarks